ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

2008年 11月 16日 ( 1 )

 本稿は、前回(正確に言うと前々回)の「数値化できる属性とできない属性」の続きです。
 人やものには数値化できる定量的な属性と数値化できない属性があるということを述べました。そして、ビジネスマインドでの価値判断では定量的な属性の方に重点が置かれ、好き嫌いに関する価値判断では主に数値化できない属性の方に重点が置かれるということでした。しかし、他人を評価する手法には、それが好き嫌いであれ、ビジネス的なものであれ、完全なものなどなく、何かしら誤差がつきまとうということを述べました。
 これは、人間以外のものに対する評価でも同様です。というのは、評価する際のプロセス(脳の働き)が同じだからです。ちょっとおさらいしておきますね。

続き
by T_am | 2008-11-16 00:58 | あいまいな国のあいまいな人々