人気ブログランキング |
ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

iPhoneで撮った写真をパソコンに送る

 iOsにHDR撮影(ハイ・ダイナミック・レンジ撮影)機能が追加されてから、出張に出かけるときにデジカメを持たないようになりました。仕事で使うのに携帯電話のカメラでは役に立ちません(画素数があればいいというものではありません)が、iPhoneであればそこそこ使える写真が撮れるからです。
 そこで問題になるのが、iPhoneで撮った写真をパソコンに送るにはどうしたらいいか?ということです。今回はその方法をご紹介します。

(事前に必要なもの)
 Dropbox をパソコンとiPhoneにそれぞれインストールしておきます。

(作業の概要)
 iPhoneで撮った写真をDropboxにアップロードするだけです。iPhoneのDropboxアプリを使うと、一度に何枚もの写真を指定したフォルダにアップロードすることができます。

(作業の手順)
(1)iPhoneでドロップボックスを起動させて、画面下にある「アップロード」をタップします。すると、下図の画面になるので、右上の「+」ボタンをタップします。
c0136904_22492244.jpg




(2)写真が保管されているフォルダを選択する画面が開きます。通常は「カメラロール」に写真が保存されているので、それをタップします。
c0136904_2250381.jpg




(3)保存されている写真がサムネール表示されます。ここで画面の左下に注目してください。ここに表示されているボタンには、Dropboxに写真をアップロードしたときに保存されるフォルダの名前が表示されています。(デフォルトでは「Dropbox」が選択されています。)
 このフォルダは自由に変更することができます。フォルダを変更したり、新しくフォルダを作成する場合はこのボタンをタップします。
c0136904_22525685.jpg




(4)Dropboxの中にあるフォルダがリスト表示されます。新たにフォルダを作成する場合は、左下の「フォルダを作成」ボタンをタップします。(既存のフォルダにアップロードする場合は、そのフォルダをタップします。以下(7)へ)
c0136904_22534988.jpg




(5)フォルダの名称を入力して「完了」ボタンをタップします。(ここでは「ブログ」というフォルダを作成しています。)
c0136904_22563220.jpg




(6)新しく「ブログ」というフォルダが作成されました。これをタップします。
c0136904_2258533.jpg




(7)フォルダに移動するので、画面右下にある「選択」ボタンをタップします。
c0136904_22584221.jpg




(8)カメラロールに移動するので、アップロードしたい写真を順番にタップしていきます。
c0136904_22591330.jpg




(9)タップするとサムネールにチェックマークがつけられるので、選択が終わったら右上の「アップロード」ボタンをタップします。
c0136904_22594856.jpg




(10)選択した写真をアップロードしている画面です。iPhoneで撮影した写真のファイル名は撮影日時-年月日時分秒-となります。
c0136904_2302559.jpg




(11)アップロードが完了したものは、「最近」の下部に表示されます。なお、アップロードはバックグラウンドで行われるので、他のアプリを使うこともできますし、画面がロックされても気にする必要はありません。
c0136904_2312079.jpg





 アップロードが完了したら、パソコンの方でDropboxフォルダを開くと、iPhoneから送られて来た写真がちゃんと入っていることがわかります。

(注意)
 iPhoneからDropboxにアップデートするには、Wi-Fiに接続していた方が高速で送ることができます。Wi-Fiに接続できない場合、3G回線でも送ることができますが、ファイルの数が多いとそれだけ時間がかかります。その場合、バッテリーの減り具合に注意してください。

(付記)
 iPhoneの画面をキャプチャーしたいときは、電源ボタンとホームボタンの両方を同時押ししてください。カシャッという音がして、そのときの画面がカメラロールに記録されます。
by T_am | 2011-04-25 23:07 | iPhoneを使いこなすために