ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

<   2008年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 独身のうちは教育についてまるで関心がなかったのですが、子供が生まれてその子供が学校へ行くようになる頃から、教育問題について関心を持つようになりました。こう思うのは私だけではないようです。
 そこで教育について改めて考えてみたいと思います。

続き
by T_am | 2008-11-30 10:36 | 社会との関わり
 ある考え方(意識)が社会に根付くには、それが登場してから相当の時間がかかり、その間にマスコミが果たす役割が大きいことを前回申し上げました。
 そういった視点で、今回は、私たちの中にあるいくつかの意識について考えてみたいと思います。

続き
by T_am | 2008-11-25 21:22 | 社会との関わり
 時代(人の意識)が変わるということについて、武田邦彦先生が、科学者らしい説得力のある手法を駆使した結論として次のように述べておられます。

 「時代が変わったから人の心が変わった」のではなく、「一人一人は変わらないが、お年寄りがいなくなり、新しい人が入ってくるので、見かけ上は“正しいこと”が変化する」ということが、「変化」の本質なのだ。(「うまくいかないあ・・・世代」より)

http://takedanet.com/2008/10/post_7835.html

続き
by T_am | 2008-11-24 22:57 | 社会との関わり
 積雪地帯では、冬期間、建設業者は工事がなくなるので道路や駐車場の除雪を請負うことで売上をつくってきました。ところが、今年は、除雪を廃業したというところが相次いでいます。このままだと、雪が積もっても駐車場の除雪ができない店舗やショッピングセンターというのが出てくるかもしれません。

続き
by T_am | 2008-11-23 09:33 | 社会との関わり
 ガソリン代が毎週のように値下がりしています。車で通勤するものにとってありがたいことです。
 値上がりすることがわかっているときは、安いうちに満タンにするという消費行動がとられますが、値下がり基調にあるときは違った消費パターンがみられます。満タンにするのは却って不利でなので、私の場合、1週間で使い切るだけの量しか給油していません。こうすれば、翌週さらに下がった値段でガソリンを入れることができるので、トータルするとガソリン代を節約することができるのです。しかも、ガソリンは週末に値段が変わることが多いので、週明けに入れた方が節約効果は大きいようです。
 近所のスタンドでは、現在リッター118円です。まだまだ下がるものと思われます。輸出関連企業は苦しいようですが、庶民にとってガソリン代が下がるのはありがたいことです。
by T_am | 2008-11-22 07:16 | その他
 資本主義は人間の欲望が無限であるということを前提にした制度です。既に洋服ダンスがいっぱいであるにもかかわらず今年流行の服と聞けば買ってしまう女性、新しい携帯が出ると機種変更してしまう人、乗りもしない高級車を何台も所有する金持ちなどは資本主義のサポーターのような存在です。すべての人間が、新しい商品が発売されるたびに旧型を惜しげもなく廃棄してそれに飛びついてくれれば資本主義は安泰ですが、現実はそうではありません。人間の欲望は無限ではありませんし、そもそも財布のキャパシティははるかに小さいからです(自分の財布のキャパシティを超えた支出をやめられない人を待っているのは破産宣告です)。

続き
by T_am | 2008-11-21 22:59 | あいまいな国のあいまいな人々
 今回は前々回(数値化された属性に対する勘違い)の続きで、お金の持つ記号性について考えてみたいと思います。

続き
by T_am | 2008-11-21 00:59 | あいまいな国のあいまいな人々
 11月17日の報道で、地震調査研究会が瀬戸内海西部の周防灘断層群で今後地震が発生する確率を発表したことが伝えられました。以下は毎日新聞からの引用です。

続き
by T_am | 2008-11-19 21:37 | 科学もどき
 本稿は、前回(正確に言うと前々回)の「数値化できる属性とできない属性」の続きです。
 人やものには数値化できる定量的な属性と数値化できない属性があるということを述べました。そして、ビジネスマインドでの価値判断では定量的な属性の方に重点が置かれ、好き嫌いに関する価値判断では主に数値化できない属性の方に重点が置かれるということでした。しかし、他人を評価する手法には、それが好き嫌いであれ、ビジネス的なものであれ、完全なものなどなく、何かしら誤差がつきまとうということを述べました。
 これは、人間以外のものに対する評価でも同様です。というのは、評価する際のプロセス(脳の働き)が同じだからです。ちょっとおさらいしておきますね。

続き
by T_am | 2008-11-16 00:58 | あいまいな国のあいまいな人々
 田母神俊雄前航空幕僚長が参議院に参考人招致されました。12日の新聞はそのことを一面トップで伝えています。これに関する私の意見は以前も書いたので、繰り返すようですが、今回は「文民統制」ということについて考えてみました。

続き
by T_am | 2008-11-13 01:53 | あいまいな国のあいまいな人々