ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 標題の日付けから、自動販売機でタバコを買うときはtaspoをかざして成人識別をしない限りタバコを買うことができないようになります。実際には今年の3月、5月、6月と段階的にエリアを拡大しての実施が行われています。
 私は喫煙者です。taspoを持たないと自販機でタバコが買えないというのは実に不便ですが、今後も持つつもりはありません。

続き
by t_am | 2008-05-31 23:09 | あいまいな国のあいまいな人々
 バブルの頃、三高という言葉が流行りました。高収入、高学歴、高身長の男という意味で、交際するなら三高の男がいいということがいわれていたものです。
 バブルがはじけてこの言葉が死語になっていたと思ったら、男に対する嗜好としては相変わらず残っているようです。もっともいつの時代もこのようなことを考える女性はいるものですが。
 一般に、男にとって女性というのは非常にわかりにくい考え方をする存在なのですが、このように男女関係をビジネスマインドで捉える女性は、例外的にわかりやすいタイプであるといえます。
 どこがビジネスマインドかというと、自らを商品化しているところが第一。第二に、金持ちの男を自分の取引相手と考えているところです。(本人はそれが取引であると、明確に意識しているわけではありませんが。)

続き
by t_am | 2008-05-31 07:42 | 心の働き

 私は割と本を読む方だと思います。年間およそ100冊程度、といってもそのうち半分近くはマンガです。(それでわかったことは、読書によって知識は増えても、その人の賢さや人格は読書量とは比例しないということです。)
  親が子供を叱るときに「マンガばっかり読んで、少しは勉強しなさい!」といういい方をするときがあります。それでもマンガを読んで啓発されるということもあるので、マンガを侮ることはできません。

続き
by t_am | 2008-05-28 21:17
 セイヤさん、こんばんは。メール、拝読しました。
 僕も小学校の頃に転校した経験があります。そのことから、「転校生は転入した先では、『異物』となる。」というご指摘には同意いたします。
 ただし、僕の場合「私は何者か?」という疑問を持つことはありませんでした。
 今日は、そのときのことを書いてみたいと思います。

続き
by t_am | 2008-05-26 22:01 | セイヤさんへの手紙
 先日、人と話をしているとき(便宜上以下この人のことA子さんとします)に、ペットの避妊手術・去勢手術に話題が及びました。A子さんは、雄犬を飼っており、去勢手術を受けさせたとのこと。しかし、そのことがその犬にとって幸せだったのかどうか疑問に思う、ということを話していました。
 このことについて考えてみたので、今回はそれを書きます。

続き
by t_am | 2008-05-24 20:18 | 心の働き
 モテる男というのは、様々な識者が述べているのでほとんど解明され尽くしているかの感がありますが、念のためおさらいしてみます。

1.女性に対してマメであること
2.おいしいものを食べさせてあげること
3.よく笑わせること

 見た目がいいというのは必須条件ではないことがおわかりいただけると思います。私やあなたが女性にモテないのは、こういうことを怠っているからに過ぎません。要は気力の問題なのです。
 では、モテる女性というのはどういう人をいうのでしょうか?

続き
by t_am | 2008-05-23 00:30 | 心の働き
虫の知らせといういいかたがあります。
 私の場合でいえば、高速道路を走っているときに、今日は何となくスピードを出したくないなと思っていると、スピード違反の取り締まりをしていたとかタイヤがバーストした、という経験があります。
 といってもスピードを出したくないと思っているときは必ず警察がいたというわけではありませんし、タイヤがパンクしたわけでもありません。外れることも多いのです。
 虫の知らせというのが、五感以外の感覚であるかどうかはわかりません。
 けれども、時間がなくてメチャメチャ焦っているというときは、とにかく急ぐということしか考えていないので、スピード違反で捕まったり、事故を起こすのはこういうときに限られています。ですから、こういういい方もできます。「虫の知らせに耳を傾けるだけのゆとりがなかった」と。

続き
by t_am | 2008-05-19 22:18 | 科学もどき
 酒を飲む理由は単純明快、酔っぱらうためであります。ケース・バイ・ケースで他にも理由(腹を割って話し合いたい、とか)が付随することもあると思いますが、誰もが、酒を飲めば酔うということを知っているわけです。知っていてそれをやるというのは、やはり酔うということが必要なのでしょう。

続き
by t_am | 2008-05-18 08:45 | 社会との関わり
 人間関係を「奉仕」という切り口で眺めてみると、今まで気づかなかったことが見えてきます。

続き
by t_am | 2008-05-17 00:41 | 心の働き
 中国四川省で起きた大地震について、現地の詳報が伝えられるにつれて、被害状況が上方修正されて報道されています。
 テレビのニュースでは、被災地に救援物資がなかなか届かない状況が映し出されており、大地震が起こるたびに同じことが起きているんだなと思います。
 自然災害が被害をもたらすときは、社会のシステムの盲点や弱点を衝くようにして現れます。地震の場合、直接の被害をもたらすものは建物の耐震性であり、その後の被害を左右するのは救援物資を的確に輸送するための物流経路の確保と救援要員の投入ができるかどうかがそれにあたります。救援要員が大量に投入されたとしても、その人たちも食事・排泄・休息を必要とするので、その分の物資の補給が可能であることも必要となります。

続き
by t_am | 2008-05-16 00:18 | 社会との関わり