ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 「いじめ」というのは、「その人を追い出す目的で行われる行為」のことです。したがって例えば、新入社員(部員)歓迎会などで無理矢理酒を飲ませて酔いつぶす、あるいは嫁をいびる、というようなことは含みません。また、虐待や恐喝もいじめとは異なります。

続き
by t_am | 2008-01-23 23:44 | 社会との関わり
 あなたのことを受け入れてくれる人がいるとき、そこがあなたの「居場所」になります。
「居場所」というのは、場所であるかのように感じますが、実際には人間関係のことを意味します。
 ただし、その「居場所」のプライオリティを決めるのはあなた自身です。

 以前、「居場所」ということについて触れましたが今回はそのことについてもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

続き
by t_am | 2008-01-22 00:37 | 社会との関わり
 セイヤさん、ご教示ありがとうございました。

http://www.cbc.ca/cp/health/080116/x011623A.html#skip300x250

セイヤさんが贈ってくれた要約は末尾に記載しておきますが、改めて整理してみたいと思います。

続き
by t_am | 2008-01-21 21:49 | セイヤさんへの手紙
 毎年節分が近づくとコンビニエンス・ストアで恵方巻の予約受付が行われているのが目につきます。同時に違和感を覚えるのです。
 恵方巻というのは、節分の日にその年の恵方を向きながら家族揃って、無言で太巻きを食べると無病息災で過ごすことができるというもので、もともと関西の風習です。
 私が恵方巻のことを知ったのは、小林信彦さんの「唐獅子株式会社」(新潮文庫)によってです。それまではそういう風習があることを知りませんでした。

続き
by t_am | 2008-01-19 23:24 | 社会との関わり
 昨日の続きです。
 1918年に世界中で大流行したスペインかぜは、感染者6億人、死者4000万~5000万人(当時の世界の人口は多めに見積もって12億人とのことです)という被害をもたらしました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%81%9C

 また、別の資料では世界中での死亡者の合計は2500万人、日本人の感染者を2500万人、死亡者を38万人としています。

http://www.sankogan.co.jp/Shiryo/5th/kaisetu1.html

続き
by t_am | 2008-01-16 23:57 | セイヤさんへの手紙
セイヤさん、お久しぶりです。

 セイヤさんから教えてもらったNHKスペシャル 「シリーズ 最強ウイルス第2夜 調査報告 新型インフルエンザの恐怖」を観ました。
観た感想は、「あ、こりゃあかんわ。」というものです。
 だけど、徒に不安を煽るのはよくないので、きちんと考えてみることにしました。

続き
by t_am | 2008-01-16 23:55 | セイヤさんへの手紙
 だいぶ回り道をしてしまいましたが、ここからが本論です。

続き
by t_am | 2008-01-15 00:26 | 社会との関わり
 2007年は「偽」の年と総括されました。
 食品の偽装表示問題と社会保険庁による杜撰な年金管理の実体が明るみに出たことが記憶に残っています。また中国製玩具に鉛が含まれていた、あるいは食品に対する安全性の無視ともいえる実体が報道された年でもあります。

続き
by t_am | 2008-01-15 00:24 | 社会との関わり
 以前このブログで能力について書いたので、今回はその構成要素のひとつである才能(あるいは素質)ということについて考えてみたいと思います。

 「人間は誰でも何かひとつくらいは一流になれるくらいの素質があるの。それをうまく引き出せないだけの話。引き出し方のわからない人間が寄ってたかってそれをつぶしてしまうから、多くの人々は一流になれないのよ。そしてそのまま擦り減ってしまうの。」(村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」上 新潮文庫)

続き
by t_am | 2008-01-11 22:34 | 心の働き
 楽に米をとぐ方法を見つけたので記しておく。
斯道の諸先輩方にすれば、何を今更と思われるかもしれないが、
ネットのどこにも紹介されていないので、あえて記す次第である。

続き
by t_am | 2008-01-10 00:06 | 失敗から学ぶ男の料理