ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

2008年 06月 09日 ( 1 )

 エコロジーを略して「エコ」といい、最近では主に二酸化炭素の排出量削減という観点から用いられているようです。キャンペーンに取り組んでいるテレビ局もあります。
 このときに、「例えば冷房の設定温度を○度高くすると、日本全体で二酸化炭素の排出量を○○トン減らすことができます」といういい方をします。なんのことはない、「電気はこまめに消しましょう」「コピーをとるときは裏紙を使いましょう」「ボールペンは最後まで使い切りましょう」といってきたのと、実は同じことなのです。
 このような節約思想は、新しい消費をできるだけ抑えるということですから、テレビ局や政府がそれを奨励すると、苦情が来るだろうということは想像できます。「うちの製品が売れなくなったらどうしてくれるんだ!」とね。
 そうはいっても、二酸化炭素の排出量を削減するというのは京都議定書に盛り込まれた日本の約束ですから、何もしないわけにはいきません(というのが、政府のロジックです)。

続き
by t_am | 2008-06-09 03:38 | 科学もどき