ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

シン・ゴジラを観て

 ツイッターのTLで傑作だと評判になっているシン・ゴジラを観てきましたた。もう一回観に行ってもいいかなというのが感想です。

 ゴジラが街を破壊するシーンは時間にして全体の1割ちょっとくらいでしょうか、人間がゴジラに戦いを挑むシーンを含めても全体の三割にも満たないのではないかと思います。では残りは何かというと、政治家と官僚による会議、意見交換(石原さとみが登場するシーンもここに含まれます)が大部分を占めていように思います。そんな映画が面白いのか?と思うかもしれませんが、これが面白くてたまらないのですね。

 1%の嘘を信じ込ませるためには、99%の真実の中にその嘘を織り交ぜなければなりません。ゴジラというフィクションを観客に受け入れさせるには、残りすべてが緻密に計算されたリアリティに徹していなければならないのです。シン・ゴジラはそれを成し遂げることができたので、とても面白い仕上がりになっています。

 わたしのTL上で、ある人は、この映画の中で延々と続く会議(その中には的外れと思われる議論もあります)と自衛隊の隊員や防衛大臣(余貴美子が光ってました)が攻撃許可を求める手続きのくどさに民主主義のお手本を見いだしていました。
 映画館を出てから気づいたのですが、この映画にはバカな政治家と上司の顔色を伺う無責任な官僚がまるで出てこないのです。登場する政治家と官僚たちはそれぞれ使命感と責任感をもって私生活を省みることもせずに、己の仕事に取り組むという壮大なフィクションが描かれています。バカ、無責任、欲張りが一人も登場しないからこそこの映画は面白いものになっているのですが、冷静に考えるとちょっとありそうもないことですね。
 ただし、この映画に出てくる人物たちの行動は、観客が無意識のうちに望んでいる姿の投影であることも事実です。実際にはあり得ないかもしれませんが、大衆が好ましいと思う人物たちが描かれているというのもこの映画を面白くしている要因のひとつなのだと思います。

追記
 リアリティには2つあって、いかにもありそうな話のほかに、こうあって欲しいという願望が込められたリアリティがあるようです。後者は結婚詐欺師になぜ騙されるのかを理解する際に必須の要素であるといえます。庵野監督を結婚詐欺師に喩えるわけではありませんが、観客が心地よく物語に没入できるためにも、バカな政治家と無責任な官僚を排除するというのは必要であったといえるのです。
by t_am | 2016-08-09 21:24 | その他