ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

自民党の改憲草案を読む(5) 第二章 安全保障

 今回は改憲草案のポイントのひとつである「第二章 安全保障」を読むことにします。
 せっかくですから、全部を引用してみましょう。

(平和主義)
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

(国防軍)
第九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。

(領土等の保全等)
第九条の三 国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。


 注目すべきは、九条二項で自衛権(当然集団的自衛権も含まれます)を有すると宣言しているのに加え、九条の二第三項で国際的な制裁措置(「国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動」)に参加できると明記していることです。さらに、「公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動」として治安出動も可能にしている点も見逃せません。
 これらを整理すると、国防軍の任務は次のようになります。

(1)個別的自衛権の行使
(2)集団的自衛権の行使
(3)国際的な制裁措置への参加
(4)治安出動

 こうしてみると、現行憲法に比べると、かなり範囲が広がっていることがわかります。国防軍という名前をつけていますが、単に軍といった方がいいように思います。
 なお、治安出動に関しては、自衛隊法78条(命令による治安出動)と同81条(要請による治安出動)にその規定があり、一般の警察力では治安が維持できない場合に、自衛隊を出動させるというものです。もっともこれまで治安出動が行われたことは一度もないのですが、今後もそうだと断言できると保証するものは何もありません。自衛隊法がどのように改正されるのかを注意する必要があるでしょう。

 さて、第二章の中で最大の懸念材料は九条の三です。「国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。」と書かれていますが、普通に読めばこれは徴兵制を念頭に置いている文言であると解釈できます。
 自民党が出している憲法改正草案Q&Aには「現在の政府解釈は、徴兵制を違憲とし、その論拠の一つとして憲法 18 条を挙げていますが、これは、徴兵制度が、現行憲法 18 条後段の「その意に反する苦役」に当たると考えているからです。」(14ページ)と書かれていますが、わたしたちは、これまでの政府解釈が簡単にひっくり返されたという実例を目の当たりにしたばかりなので、あまり信用できません。


http://constitution.jimin.jp/faq/


 また、安倍総理も、2015年7月30日の参議院特別委員会で「(徴兵制は)明確な憲法違反で、導入は全くありえない。」と答弁していますが、安倍総理のこの発言が未来の日本の総理大臣たちを拘束するものではありませんから、鵜呑みにしない方がよいと思います。徴兵制に手をつける前に、経済的徴兵という手段もあるわけですし。

 草案の第二章に書かれていることは、軍隊を持つ国であればごく普通の規定であるといわれるかもしれません。それはその通りかもしれませんが、わが国がアメリカの属国的立場にある以上、イラク戦争のときのような過ちを犯す可能性が極めて高いと思います。せめて、イラク戦争に荷担した是非について独自に検証しようというのであればいいのですが、政府にはそういう気持ちはないようです。つまり、責任を取りたくないからなのでしょう。
 責任をとろうとしない人たちに武力行使の決定権を与えるのは極めて危険です。国民がどれだけ死のうと指導者たちは責任を一切とらないのですから。
by t_am | 2016-07-19 23:23 | その他