ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

自民党の改憲草案を読む(4) 第一章 天皇 その2

 今回は、第一章のおさらいです。
 草案第一章の特徴は次の3点であるといってよいでしょう。


1.天皇を元首として規定していること
2.国民にも義務を課していること
3.総理大臣の衆議院解散権を明記していること

 日本国憲法前文の主語はすべて日本国民とそれを示す「われら」です。したがって、日本国憲法は日本国民が自らつくりあげた憲法であるということになります。
 一方、草案の前文に書かれている主語は、大別すると日本国と日本国民の2種類です。念のため、以下に引用しておきます。

(前文)
 日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴いただく国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される。
 我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。
 日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。
 我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。
 日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため、ここに、この憲法を制定する。
 
 既に申し上げたように、3番目の段落は「日本国民」の意思というよりは、日本国民に対しこうしなければならないと定めているかのような印象が拭えません。また4番目の段落を読むと日本国民の存在理由が国を成長させることであるかのようにも受け取れます。その考え方の延長が5番目の段落であり、国歌を末永く継承するために憲法を制定すると書かれています。つまり、この草案は国歌を成長させ、末永く存続させるために憲法を定めると明記しているわけであり、国民はそのために存在しているのだということになるのです。

 このような記述をするのは、少なくとも日本国民と同じ位置に立っている人ではありません。むしろ上からの視点でこの草案をつくっているということに気づきます。その人たちは、元首である天皇と国民の間にいる人たちであり、天皇を神聖視し、自分が率先して天皇をあがめ奉ることで、自分自身の権威を高めていくことができるということを知り尽くしている人たちです。
 その人たちが次に何をするかというと、国民に義務を課し、その権利を制限することに着手するということです。既に、第一章では国旗と国歌を尊重する義務を国民に対して課すことにしています。
 かれらが国民に課す義務と、制限しようとする権利がどのようなものであるのかは、今後草案を読んでいく中で次第に明らかになっていくことでしょう。
by t_am | 2016-07-18 21:34 | その他