ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

GPIFの損失

 GPIFの昨年度の損失が5兆数千億円になったというニュースが流れ、損失が出たことをもって安倍政権を批判するTwitterを見かけます。
 しかし、資金運用にはリスクが伴うので、黒字になることもあれば赤字になることもあるとわたしは思っています。現に、安倍総理は「安倍政権になって3年間で38兆円の運用益をあげている。運用は長期的な視点で行い、短期的な評価はすべきでない。」と反論しています。

http://www.sankei.com/politics/news/160701/plt1607010068-n2.html

 問題はそれよりも、株式の運用比率を引き上げて(現在は50%)リスキーな運用を行っていることでしょう。というのも、GPIFの運用比率が変更されたのは2014年10月だからです。2015年度が5兆数千億円の赤字なのですから、運用比率を変更して大量の資金を投入したにもかかわらず、逆に損失がでてしまったということになります。いい方を変えれば、運用益が上がっていることに気をよくして、どーんと資金を追加投入したら逆に大損したということになります。したがって、「安倍政権になってからの3年間で38兆円の運用収益を出している」という反論が的外れなものであることがわかります。
by t_am | 2016-07-03 13:17 | その他