ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

柏木孝夫さんのご意見に疑問を呈す

 日経ビジネスオンラインに、東京工業大学特命教授/先進エネルギー国際研究センター長/東京都市大学教授というきらびやかな肩書きをお持ちの柏木孝夫さんが、小泉元総理の脱原発発言を無責任であると批判して、「もう少し冷静かつ定量的に議論すべきだろう。」という内容の文章を寄稿されています。その主張の主なところは以下に引用したとおりです。

「仮に、震災前と同程度に原発が稼働し、日本の総使用電力量の約3割、年間約3000億キロワット時を供給するとしよう。その場合に発生する使用済み核燃料は年間約1000トンだ。比重が10程度なので、体積にすれば約100立方メートルである。10年間では約1000立方メートルで、1辺10メートルの立方体に収まってしまう。もちろん、ひとかたまりにするわけにはいかないので、実際には、もっと大きなスペースが必要になる。だが、とてつもない大きさが必要というわけではない。原子力は巨大なパワーを発生するにもかかわらず、廃棄物が極めて少ないのが特徴である。」


(日経ビジネスオンラインに掲載された文章)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20130326/245654/


 「実際には、もっと大きなスペースが必要になる。」と指摘されているのですから、どれくらいのスペースが必要なのかを明示しないと「定量的に議論」したことにはならないと思いますよ。それも明らかにしないで、10年間に発生する使用済み核燃料は「1辺10メートルの立方体に収まってしまう」ということだけを「定量的に」示すのは学者としてフェアではないですね。
 それと、放射性廃棄物を10万年の間地下に保管することが、地震国である日本で可能なのかという心配もありますし、そもそも10万年もの間放射性廃棄物を保管するコストがどれだけなのか試算したのでしょうか? もちろん僕も試算などしていませんが、それでも天文学的な数値になることだけは容易に想像できます。いったいそのコストを誰が負担するというのですか? 「もう少し冷静かつ定量的に議論すべきだろう」とおっしゃる割には、「1辺10メートルの立方体に収まってしまう」というご指摘だけというのは、あまりにもお粗末ではありませんか?
by t_am | 2013-11-29 22:50 | その他