ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

看過できない新聞記事

 全日本柔道連盟女子ナショナルチーム国際強化選手15名による監督の暴力行為とパワハラの告発に関して、2月4日の朝日新聞に「選手がわの訴え全文」が掲載されました。選手たちの真摯な思いが伝わってくる文章だと思いますので、ちょっと長いのですが全文を引用したいと思います。


(選手がわの訴え全文 2月4日付朝日新聞より)

皆様へ

この度、私たち15名の行動により、皆様をお騒がせする結果となっておりますこと、また2020年東京オリンピック招致活動に少なからず影響を生じさせておりますこと、先ず以(もっ)て、お詫(わ)び申し上げます。

私たちが、JOCに対して園田前監督の暴力行為やハラスメントの被害実態を告発した経過について、述べさせていただきます。

私たちは、これまで全日本柔道連盟(全柔連)の一員として、所属先の学校や企業における指導のもと、全柔連をはじめ柔道関係者の皆様の支援を頂きながら、柔道を続けてきました。このような立場にありながら、私たちが全柔連やJOCに対して訴え出ざるを得なくなったのは、憧れであったナショナルチームの状況への失望と怒りが原因でした。

指導の名の下に、又(また)は指導とは程遠い形で、園田前監督によって行われた暴力行為やハラスメントにより、私たちは心身ともに深く傷つきました。人としての誇りを汚されたことに対し、ある者は涙し、ある者は疲れ果て、又チームメイトが苦しむ姿を見せつけられることで、監督の存在に怯(おび)えながら試合や練習をする自分の存在に気づきました。代表選手・強化選手としての責任を果たさなければという思いと、各所属先などで培ってきた柔道精神からは大きくかけ離れた現実との間で、自問自答を繰り返し、悩み続けてきました。

ロンドン五輪の代表選手発表に象徴されるように、互いにライバルとして切磋琢磨(せっさたくま)し励まし合ってきた選手相互間の敬意と尊厳をあえて踏みにじるような連盟役員や強化体制陣の方針にも、失望し強く憤りを感じました。

今回の行動をとるにあたっても、大きな苦悩と恐怖がありました。私たちが訴え出ることで、お世話になった所属先や恩師、その他関係の皆様方、家族にも多大な影響が出るのではないか、今後、自分たちは柔道選手としての道を奪われてしまうのではないか、私たちが愛し人生を賭けてきた柔道そのものが大きなダメージを受け、壊れてしまうのではないかと、何度も深く悩み続けてきました。

決死の思いで、未来の代表選手・強化選手や、未来の女子柔道のために立ち上がった後、その苦しみは更に深まりました。私たちの声は全柔連の内部では聞き入れられることなく封殺されました。その後、JOCに駆け込む形で告発するに至りましたが、学校内での体罰問題が社会問題となる中、依然、私たちの声は十分には拾い上げられることはありませんでした。一連の報道で、ようやく皆様にご理解を頂き事態が動くに至ったのです。

このような経過を経て、前監督は責任を取って辞任されました。

前監督による暴力行為やハラスメントは、決して許されるものではありません。私たちは、柔道をはじめとする全てのスポーツにおいて、暴力やハラスメントが入り込むことに、断固として反対します。

しかし、一連の前監督の行為を含め、なぜ指導を受ける私たち選手が傷付き、苦悩する状況が続いたのか、なぜ指導者側に選手の声が届かなかったのか、選手、監督・コーチ、役員間でのコミュニケーションや信頼関係が決定的に崩壊していた原因と責任が問われなければならないと考えています。前強化委員会委員長をはじめとする強化体制やその他連盟の組織体制の問題点が明らかにされないまま、ひとり前監督の責任という形を以て、今回の問題解決が図られることは、決して私たちの真意ではありません。

今後行われる調査では、私たち選手のみならず、コーチ陣の先生方の苦悩の声も丁寧に聞き取って頂きたいと思います。暴力や体罰の防止は勿論(もちろん)のこと、世界の頂点を目指す競技者にとって、またスポーツを楽しみ、愛する者にとって、苦しみや悩みの声を安心して届けられる体制や仕組み作りに活(い)かして頂けることを心から強く望んでいます。

競技者が、安心して競技に打ち込める環境が整備されてこそ、真の意味でスポーツ精神が社会に理解され、2020年のオリンピックを開くに相応(ふさわ)しいスポーツ文化が根付いた日本になるものと信じています。

2013年(平成25年)2月4日

公益財団法人全日本柔道連盟女子ナショナルチーム国際強化選手15名



 2月5日になって、ロンドン・オリンピックの際に全日本柔道連盟(全柔連)強化委員長を務めた吉村和郎・強化担当理事が監督責任をとって辞任し、さらに、戒告処分を受けながら1月末から欧州遠征に同行していた徳野和彦コーチが緊急帰国して辞任するという事態に発展しました。
 また、全日本柔道連盟は同日開かれた臨時理事会で、外部有識者による第三者調査委員会の設置を決定したそうですから、ようやくまともな形になってきたように思います。

 ところが、そう思っていたら2月6日になって、目を疑うというか呆れたニュースが報道されました。

橋本聖子氏「告発選手名の公表を」(日刊スポーツ)
http://bit.ly/XhjJZd

 もっとも、夕方になって、橋本聖子議員が、事務所からのFAXを通じて、「『氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」と否定したというニュース(デイリースポーツ)が流れました。最初のニュースの後で、橋本議員を批判するツイートが続々と登場したこともあり、これはまずいと判断したのでしょう。とはいいながら「ただ、氏名を公表しないことについて厳しい意見もある」とも書かれているそうですから、こちらの方が橋本聖子議員の本音なのだろうと思います。それにしても釈明がFAXを送りつけるだけというのは何ともお粗末な対応だと思います。

(デイリースポーツの記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130206-00000045-dal-spo


 2月6日のニュースの中で、もっともひどかったのがこちらです。
 
告発した15選手の肉声なし 「痛み」伝わらず(産経ニュースの署名記事)
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130206/mrt13020611430004-n1.htm


 この記者(森田景史氏)によれば、「前代表監督は顔の見えない相手に実態も程度も定かでない「暴力」の担い手として批判され、社会的地位に致命傷が加えられた。」のであり、「その一方で、告発した15人は今もJOCの配慮で氏名が伏せられて」いて、「顔の見えない選手側の要求だけが次々と形になっていることに違和感を覚える。」のだそうです。
 さらに、「選手個々が『暴力』や『パワーハラスメント』で具体的にどんな実害を受け、忍従を強いられたのか、いまだに明かされていない。だから、15人の苦しむ顔が痛みを伴って伝わってこない。」と指摘し、「被害の実態を脇に置いて、強化体制の刷新を求めるのは論理の飛躍にも映る。」とも書いています。
 さらには、「一方で柔道界では全柔連執行部に批判的な一部指導者の意思が、選手を告発に走らせたという声もある。そんな疑念をぬぐうためにも、選手は表に出て肉声を世に届けるべきではないか。」と結んでいます。
 要は、森田氏は、「あんたら、被害に遭ったと言ってるが、どんな被害なのかわからない以上何ともいいようがないんだよ。表に出てきてどんな目に遭ったのか、言ってみたらどうなんだ。」ということを書いているわけです。この人は、自分が裁判官になったつもりなのではないかとさえ思えるのですが、本当に新聞記者なのでしょうか? 「執行部に批判的な一部指導者の意思が、選手を告発に走らせたという声もある」というのであれば、自分で取材してその真偽のほどを改めて報道すればいいと思いますし、私がこの記者であれば、そういう大事なネタをこんなところで明かすのではなく、きちんと取材して記事にするまで温存しておきますね。この段階で明かせば単なる三流週刊誌的ゴシップにしかならないからです。にもかかわらず、「そんな疑念をぬぐうためにも、選手は表に出て肉声を世に届けるべきではないか。」と書くのは、卑怯千万です。というのは、「そんな疑念」を呈しているのは森田記者の方なので、この場合の挙証責任は森田記者にのみあるからです。自分で疑惑をかけておいて、無実ならば潔白を証明して見せろというのは、あこぎな検察官の取り調べを見ているようです。仮に、告発が「ためにした」ものであり、その内容が誇張または捏造されたものであったならば、第三者による調査委員会によって今後明らかにされるはずですから、何も今、こういう挑発的なことを書く必要はないのです。どうもこの記者は、先入観に基づいて記事を書いているか、読者に偏ったイメージを与える目的でこの記事を書いたのではないかと思えてなりません。

 だとすると、こういう記事を載せる産経新聞も程度の低い新聞ですね。同じ2月6日付の記事の中にはこんなものもありましたよ。

「前代表監督らの擁護論も 女子強化選手が実名で短文投稿『戻ってきてほしい』」
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130206/mrt13020608210001-n1.htm

 全日本女子強化指定選手は59人いるのだそうで、今回告発に動いたのはそのうちの15人です。残りの44人の中には、辞任した園田前監督を擁護する声もあって、その選手が実名で短文投稿サイトに「『これ以上先生方やめさせたらもっと混乱するのあたしたち選手だよ』『これ以上私達をバラバラにしないで』と切実な思いを訴えている」ということが書かれています。指定強化選手がこんなにいるとは思いませんでしたが、これだけ大勢の選手がいれば、それだけいろいろな考えかたがあって当たり前だと思います。したがって、監督やコーチを擁護する意見の持ち主がいてもなんら不思議ではありません。そのような多様な意見に対し、我々のような利害関係のない第三者はどの意見も平等に扱うのが鉄則です。にもかかわらず、「顔の見えない15人の声が代表監督らの辞任につながる一方で、指導を望む少数派の声は届いていない」という書き方をしています。この文章は一見平等であるかのような書き方をしていますが、せっかくの平等な姿勢も的外れなものになっています。というのは、このような問題が起こった場合、監督やコーチらの責任を追及し、処遇を決するのは、第三者による調査結果がまとまった後に執行部が決めることだからです。ところが、産経新聞の記事は、そんな基本的なことも無視して、「声は届いていない」という情緒的な書き方をしています。そもそも、前監督もコーチも担当理事も皆さん辞任したのであって、まだ処罰を受けたわけではないのです。したがって、産経新聞が平等に意見を採り上げるべきであると主張したいのであれば、辞任した三氏に対し、第三者による調査の結果がまとまり、執行部の結論が出るまでの間は辞める必要などないのだと堂々と訴えればよいのです。
 にもかかわらず、産経新聞社ともあろうものが、こういう筋違いな記事を掲載するというのは愕きであり、何か目的があってこのような下衆な記事を掲載したのではないかと勘ぐってしまいます。


付記
 今回、三氏が辞任したのはどなたも突然という印象は拭えないのであって、傍から見れば、誰かに半ば強制されたのではないかとも思われます。このような事件が起こるといつも言われる「トカゲのしっぽ切り」というヤツですね。その中で、今回とりあげた橋本議員や産経新聞の記者氏も、そんなことは百も承知で発言したり記事を書いているのでしょう。実際には、15人の選手たちに対し「実名を出せ」と凄んでいるのですから。当然選手たちがびびるだろうという計算をしているはずです。
 ただし、橋本議員は予想外に風当たりが強かったので、慌てて自分の発言をなかったことにするという醜態を演じる羽目になったわけです。産経新聞社も、同様に、この会社がどういうポジションにいるのかを天下にアピールすることになったと理解すればよいのではないかと思います。
 

付記2
 「加害者」を擁護する声は、バスケットボール部のキャプテンが自殺した大阪市立桜宮高校でもありました。桜宮高校の場合は、橋下市長が強く働きかけ、教育委員会が同校の体育科の入試の中止を決めました。その決定に対し、産経新聞社が今回と同様の論調の記事を掲載しているのではないかと思って、同社のWebサイトを探したのですが、ついに見つけることができませんでした。

 週刊誌メディアの劣化ということが指摘されて久しいのですが、週刊誌の記者が全部劣化しているかというとそうではないと思います。新聞社も同様のはずで、中には、己の良心に従って仕事をしている記者もまだ大勢いるはずだと信じたいですね。
by t_am | 2013-02-06 23:40 | その他