ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

憲法改正について思うこと

 憲法改正に熱心なのは自民党の安倍総裁と日本維新の会の石原代表です。その根拠となるのは、今の憲法がGHQによる押し付けであるということと、9条2項によって集団的自衛権の行使が禁じられているために、多国籍軍への軍隊の派遣ができず、後方支援や戦費の負担などを行っても国際社会から正当な評価をしてもらえないという不満にあるようです。
 憲法を改正する理由として、その中身の吟味よりも誰がつくったかという出自の方を問題視するのはあまりにも了見が狭いと思いますが、まあ世の中広いのですからいろいろな考えかたの人がいるのもやむを得ないといえます。しかし、日本国憲法がアメリカによる押し付け憲法であると問題視するのであれば、より深刻な被害を日本にもたらしている日米地位協定について改定を行うのが先であるはずです。(石原代表は都知事時代の公約で横田基地の返還もしくは軍民共用化をあげていました。もちろん、これは外交問題ですから一知事がどうこうすることができるわけではありません。)外国からの干渉を排除し真に自立した国にしようというのは、聞こえのいい言葉ですが、それを実現するには事実上治外法権状態にある在日米軍の退去は避けられないと思います。はたしてそこまで腹を据えているのでしょうか?
 憲法を改正して国防軍をつくると安倍総裁がいっているのは、おそらく、湾岸戦争やイラク戦争のときのように、日本が精一杯の支援をしているにもかかわらず、誰からも尊敬されないというのが悔しくてしかたないからなのでしょう。言い換えれば自己満足のために憲法を改正しようというのですから、はた迷惑な話だと思います。
 集団的自衛権という言葉がありますが、これは要するに「日本も一緒になって軍隊を派遣できるようにします」というものです。ただし、集団的自衛権というのはあくまでも権利であって義務ではありません。したがって、他の国が攻撃を受けているからといって、日本が必ず軍隊を派遣しなければならないというものではないのですが、それでは意味がないという場合に日米安保条約のように条約を締結して義務化するということが行われています。
 こうしてみると、現在の体制下で憲法を改正して国防軍にするというのは、何かあった場合アメリカと一緒に軍隊を派遣できるようにしておくことが目的であることがわかります。したがって、憲法を改正することで、日本が真に自立した国になるとかいうわけではなく、どちらかといえば、アメリカにとってより都合のいい国になるのだといってよいと思います。日本人にはそこまでしてアメリカに尽くす義理があるとは思えないのですが、憲法改正を主張する識者や政治家が後を絶たないところをみると、よほど大きな見返りが期待できるのかもしれません。
by t_am | 2012-12-05 23:46 | その他