ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

「人間として問題」という安住幹事長代行の発言に思う

 民主党を離党する議員が相次いでいます。これらの動きに対し、安住幹事長代行は、10月に支給した活動費300万円と党総支部の口座に残っている資金を今月中に返還するよう求める文書を発送したと発表したそうです。

(「人間として問題」民主が活動費返還求める文書) 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121126-OYT1T01176.htm?from=main3

 安住幹事長代行の言い分は、「我が党の金を他党で選挙準備のために使うことは、候補者になる前に人間として問題だ」というものですが、目くそ鼻くその類であるように私には思えます。

 今回の離党騒動のきっかけは、民主党のマニフェストになかった消費税率増税を決めたことです。マニフェストは政党と国民の間の契約であると言っていたのはどこのどなたなのか尋ねてみたい気がしますが、国民と約束したことをやらずに(普天間基地の問題はどうなったのでしょうね?)、約束していないことをやろうとするのは「人間として問題」ではないのでしょうか? 消費税増税法案に賛成投票した民主党の議員が全員、「マニフェストにないことをやろうとしたのだから、道義上の責任が自分たちにはある」と言って議員辞職をするか民主党を解党して政党交付金を返還でもするのであれば見直しますが、政権党であること、議員であることにしがみつこうとする姿はかえって見苦しいといえます。
 そういう人が離党した仲間に対して「人間として問題だ」と非難するのは恥の上塗り以外の何物でもありません。党のトップが厚顔無恥であると、その周りにいる人たちも似てくるようです。
by t_am | 2012-11-26 23:27 | その他