ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

前途多難

 政治の大きな流れとして、経世会(旧田中派。大きな政府志向。公共投資などにより需要を喚起する政策を目指す。ばらまき志向。)と鴻池会(旧福田派。小さな政府志向。自助努力による自己決定自己責任が持論。競争原理が大好き。新自由主義。)の争いと指摘したのは内田樹さんと平川克美さんです。
 経世会の流れを汲む政治家の筆頭といえば、なんといっても小沢一郎(彼は生粋のプリンス)です。鳩山由紀夫も近いといえるでしょう。一方、鴻池会の流れを汲む政治家は野田総理は前原誠司ということになります。松下政経塾出身者といってもよいかもしれません。
 お二人の指摘は、民主党の中にも自民党の中にもそれぞれ経世会的な政治家もいれば鴻池会の流れを汲む政治家もいるので、やがて彼らが分裂して民主自民という枠を超えて再編成されるのではないかというものです。

 このたび、めでたく新党を結成した小沢一郎氏ですが、早速他の会派との連携を模索しているとのことです。その一つとして、橋下市長率いる大阪維新の会があるそうですが、色よい返事がもらえていないということも報道されています。橋下市長といえば、バリバリの新自由主義者ですから、どう考えても小沢一郎とは政治的スタンスが180度違います。橋下市長が相手にする様子を見せないのは当然であるといえますし、よりによってそういう相手に秋波を送ってどうするんだと思うのですが、ご本人たちはいたって真面目なご様子のようです。
 味方になってくれそうなのは誰で、誰がそうでないかを見極める眼力というのは、政治闘争を勝ち抜かなければならない政治家に必須の資質だと思うのですが、この人たち大丈夫なのだろうか? と他人事ながら心配になってしまいます。前途多難な船出であるといえるでしょう。

(ミニ国語辞典)
 前途多難という四字熟語を口語に訳すと「お先真っ暗」というのが適当でしょうね。
by t_am | 2012-07-12 00:13 | その他