ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

政治家たちの思惑


 税と社会保障一体改革関連法案(というよりもストレートに消費税増税法案といった方がわかりやすですね)が衆議院で可決され、参議院に送られました。民主党の反対者は57名とのことですが、小沢一郎はただちに離党するわけではないと表明しました。

 これは推測ですが、反対者が57名といってもその全部が離党う、これまでいわれてきた民主党が過半数割れを起こす54名以上の離党者が集まらないということなのでしょうね。すなわち、小沢一郎が描いていた筋書きは54名以上の離党者を確保して内閣不信任決議案を出して、衆議院を解散するということだったということです。解散総選挙が行われれば、消費税増税に反対した自分たちにとって有利に選挙を戦うことができますが、その選挙が行われる見通しが立たない以上、党を割るメリットはないという判断なのだと思われます。

 小沢一郎がいう「消費税増税は国民との約束違反」というのはその通りですが、海千山千の政治家の言葉にしてはずいぶん初心(うぶ)ないい方であるといわざるをえません。政治を司る以上、ときには国民との約束を反故にしなければならない局面もあるはず(だからといって消費税増税を正当だというのではありません。誤解のないようにおねがいします。)であり、そのようなときに国民に情理を尽くして説明するという姿勢の有無がはるかに大事だと思います。
 その点野田総理はどうだったかというと、「財政再建は待ったなし!」で済ませてまともな説明をしてきませんでした(いつものことですが)。今日の衆議院の採決で、賛成票を投じた民主党の議員たちも、今日までの間に自分の選挙区に戻って有権者に対して、消費税の増税が必要であると説明した議員がどれだけいたのか疑問に思います。後援会の幹部と会って、「党を除籍されたら困るし、消費税増税に賛成せざるをえないんだよね。でも、実施は平成26年度からだし、景気条項も入っているし。まあしょうがないよね。」というような秘密の会合くらいは持ったかもしれません。けれども、自分の選挙区の有権者に対して説明しようとした議員がどれだけいたか、ということが民主党の未来を占う上で重要な指標になると思います。

 そういう議員は、たぶん、いなかったでしょうね。残念ですが。

 マニフェストを守るということも大事ですが、それよりも政治家は国民との信頼関係を築き、維持することの方がはるかに大事だと思います。消費税の増税を歓迎する国民はあまりいないはずであり、心情的にやむを得ず賛成という人が多いのだと思います。したがって、消費税の増税が必要な理由をきちんと説明すれば、有権者もしぶしぶではあっても納得し、支持してくれるはずです。その点で、野田総理は国民の間に漂う風潮に甘えて説明しようという努力を放棄してきたました(くどいようですが、いつものことです)し、小沢一郎の場合は説明を求める国民の心理を無視してきました。

 今日の読売新聞サイトに載っている、政治家の発言を紹介をみていると、誰もが次期選挙を念頭に置いた発言をしていることがわかります。

(増税せずと言っていた…橋下氏、民主を痛烈批判)YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120626-OYT1T01035.htm?from=main4


(小沢元代表「民主党の中で最善の道を探る」)YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120626-OYT1T00911.htm


(「首相と会談いつでも応じる」…小沢氏会見要旨)YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120626-OYT1T01214.htm


(「大きな改革第一歩踏み出せた」…首相会見要旨)YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120626-OYT1T01221.htm


 民主党以外の政治家のコメントが橋下市長のものしかないのは「紙面の都合」によるものなのでしょうが、野党の政治家にとって民主党というのは瀕死の獣のようなもので、その巨大な脂身を狙って虎視眈々としているハイエナであるかのような印象を受けます。
 また、橋下市長のコメントが載っていながら、自民党の谷垣総裁のコメントが掲載されていないというのは、この党がどのように思われているかを象徴的に現しているようで興味深いところです。谷垣総裁は、一貫して国会の早期解散を訴えてきたわけですが、それが実現して総選挙となれば自民党が議席を伸ばすことができると本気で思っているのでしょうね。ここまで足下が見えない人というのも珍しいと思います。
by t_am | 2012-06-26 22:20 | その他