ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

大河ドラマのみかた  江~姫たちの戦国~

 普段テレビはあまり見ないので、こういうことを書く資格はないことは承知の上で書くのですが、NHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」というドラマはけっこう面白いと思います。
 このドラマは、たぶん歴史好きの人にすれば、許せないと思われているのではないかという気がします。毎回見てるわけではないのですが、それでも私が見ても「いくらなんでもこれはないよなー」と思う描き方がしてあるのですから。
 でも、冷静に考えてみると、大河ドラマというのは格調の高い歴史ドラマであるという先入観を持っているのではないかとも思います。
 大河ドラマの原作者といえば、以前は司馬遼太郎であり山本周五郎であり海音寺潮五郎
でした。そういう大家の書いた小説に比べるといかにも今の大河ドラマは軽いというのも事実です。
 しかしながら、柴田錬三郎や山田風太郎の書いた小説に対し、「こんなの嘘っぱちだ」という読者がいたとすれば、それは的外れな指摘であるということも動かせない真実です。
 思うに、「新撰組!」以降の大河ドラマというのは、歴史の衣装をまとった人間ドラマ(それも現代人の目から見た)であるといえます。そういうふうに割り切れば、別にケチをつけるようなものではないと思います。
 
 歴史上の人物の発言や行動が逐一記録されているわけではありませんから、小説家やドラマの脚本家は、残されている記録をつなぎ合わせて「残されていない空白」を想像力によって埋めることをしなければなりません。
 小説家や脚本家というのは、「見てきたかのような嘘」をいかにもそれが真実であるかのように書くという力量を要求される職業です。すなわち、「こんなのは嘘っぱちである」と読者が判断した時点で作者の負けであり、逆に読者が、それは嘘であるということに最後まで気にならなければ作者の勝ちであるといってよいと思います。

 その点、大河ドラマの脚本家たちは不利であるといえます。

 というのも、従来の視点で書く限り、司馬遼太郎や山本周五郎、海音寺潮五郎という大家の書いたものの二番煎じになってしまうのは明白ですから、何か新しい視点で書き起こさなければなりません。そこで用いられるのが「現代人の考え方」を歴史上の人物に適用させるという手法です。
 上野樹里演じる江という主人公は、現代の女性であればこのように考え、行動するであろうという一つの理想型が描かれています。すなわち、自分の気持ちに一途なあまり自己主張はきちんとするけれども周囲の人の気持ちも酌み取ることもできるし、しかも聡明であるという女性の理想像の一類型であるといえます。(こういう人は滅多にいませんが・・・)
 これに対し、江の三番目の夫である徳川秀忠という人物は、真面目だけれども融通が利かない人物としてのイメージが後世に定着しています。この人は、関ヶ原の戦いに向かうに当たって家康と別ルートである中山道を通って行ったのですが、途中真田城(真田雅之と真田幸村が守っていました)を落とすことにこだわって、結局関ヶ原に間に合わなかったという大失態を犯しています。それでも、徳川幕府二代目将軍となっているのですが、生涯ただ一度浮気をして、保科正之というこどもを設けました。保科正之という人は後の会津藩主であり、兄である徳川家光を助け、徳川幕府の体制を固めることに誠心誠意尽くした人物でもあります。ちなみに保科正之を藩主とする会津藩は徹頭徹尾徳川家に対する忠誠心を全うした藩であり、そのため戊辰戦争において白虎隊の悲劇を生むことになりました。(この件は司馬遼太郎さんの指摘によるものです。)
 大河ドラマの中で、向井理演じる徳川秀忠という人物は、飄々としてとらえどころのない人物として演じられていながら、父親である家康に対する屈折した思いを抱いている様が描かれています。それだけに、江という嫁を家康から授かったことに対して、また、江が自らの意思で自分の嫁になったわけではない(前夫への思い、豊臣家に残してきた自分の娘に対する思いを断ち切れていない)という現実を秀忠が知っているがゆえに素直に江に接することができないもどかしさが描かれていました。ところが、居宅の火事の際に、秀忠が江に対しやさしさ(というよりは、あるがままの江を受け入れるという姿勢)をみせることによって、江も秀忠を愛するようになるというところで今日(8月7日)の放送が終わったわけです。
 それはそれでドラマとして十分面白いのですが、本当は江を好いていながら、それを素直に表現しようとしない、ある意味でシャイな性格の秀忠が、将来なぜ生涯でただ一度の浮気をするようになるのか、しかもそのこどもである保科正之が徳川家に対する忠誠心の塊となるのはなぜなのか、そのあたりが今後どのように描かれるのかが楽しみといえば、楽しみになります。

 歴史上の人物が、現代人のようなものの感じ方・考え方をするはずがありません。その時代を背景として倫理観・価値観に縛られていたわけですから、そこに現代人と同じ行動をとらせるのは無理があります。そのことがわかっている人ほど、大河ドラマに批判をするということなのでしょう。その気持ちは充分理解できます。
 しかし、みかたを変えて、これは単なる物語だと思えば、それなりに面白くみることができます。眠狂四郎シリーズや風太郎忍法帖シリーズも単なる物語に過ぎませんでした。だからといって、これらの物語を軽んじているわけではないのであって、「眠狂四郎無頼控え」や「忍びの卍」、「風来忍法帖」などは後世に残る傑作であると思っています。「江~姫たちの戦国~」がこれらの傑作の仲間入りをするかどうかは最後まで見てみないとわかりません。ということは、最後までみてから判断しましょうということでもあります。

 ちなみに、傑作かどうかの基準は単純です。つまり、後になってもう一度読みたい(見たい)を思うかどうか、それだけにかかっているのです。


付記
 江が生んだ二人の息子、家光と忠長をめぐって、後日どちらが徳川家の後継者として相応しいかという争いが起こることになります。秀忠と江は、才気煥発な忠長を愛したようですが、家光の乳母である春日局が家康に直訴することによって家光の長子相続が確定したと広く知られています。しかし、実際のところは、戦国の動乱期であれば家を守るためにもっとも実力のあるこどもに家督相続させるという考え方は常識でしたが、もはや戦国時代は終わり、時代は安定期に入ろうとしていました。そのような時代では、家臣さえしっかりしていれば誰が相続してもいいのであり、そうなると余計な意見が入り込む余地のない長子相続という制度を確立させた方がいいという判断があったものと思われます。相続争いというのは鎌倉時代以降頻発して発生していた事件であり、それまでの幕府の重大な職務として家督争いの裁定というのがあったくらいです。家康による長子相続という決定はその後長く受け継がれ、戦前の日本でも長子相続が行われていました。
 このような「歴史的英知」に対して江と秀忠が何を思い、どのように行動したのかが描かれるのであれば、このドラマの終盤の見所となるといえるでしょう。
by T_am | 2011-08-07 22:55 | その他