ブログトップ

カクレ理系のやぶにらみ

tamm.exblog.jp

時間のある方はお読みください。軽い気持ちで読み始めると頭が痛くなります。

何のために停止させるのか?

 5月6日菅総理は記者会見で浜岡原発の運転中の4号機と5号機を停止させるよう中部電力に要請したことを発表しました。定期点検中の3号機については、前日海江田経産大臣が運転再開については慎重に決めたいようなことを述べていましたから、事実上すべての原子炉が停止することになるようです。
 菅総理が決断した理由は、東海地震が発生する可能性は今後30年間で87%と極めて高い中で、防潮堤の設置など中長期的な対策が着実に実施されるまでの間、浜岡原発のすべての原子炉を止めるべきだと判断したのだそうです。
 ここで、不思議に思うのは、原子炉の運転を止めればそれで安全になるのだろうか? ということです。事故を起こした福島原発の4号機は定期点検中で運転を停止していたにもかかわらず、原子炉建屋が吹き飛ぶという事故を起こしました。また、1号機から3号機でも、地震の発生により原子炉を緊急停止しましたが、結局事故に結びついてしまいました。
 このように、福島原発で事故が起きた理由は燃料棒の冷却機能が損なわれたことにあり、運転していたかどうかとは関係がないということがわかります。したがって、浜岡原発の危険性について対策を講じるのであれば、何が起こっても冷却システムが正常に稼働することを担保する追加施策をとるべきであって、原子炉の運転を停止させることではないはずです。
 
 将来の廃炉を前提として、この段階で原子炉の運転を停止するというのであればまだ理解できます。しかし、現状は原子炉を停止させることによって起こる影響(発電量の低下、地元の雇傭の確保など)を最小限にくい止める方策が特にないまま、原子炉の停止だけが先行してしまっています。
 菅総理はいったい何のために浜岡原発の原子炉停止を決断したのでしょうか? 仮に、中部電力が政府の要請を受け入れて浜岡原発の原子炉を明日停止させたとしても、明後日にマグニチュード8以上の地震があさって起これば、事故を防ぐことはできません。ゆえに、事故を未然に予防するという観点からは、今回の菅総理の決断は優先順位が間違っているということになります。
 にもかかわらず、このタイミングで原子炉の運転停止という決断をしたというのは、単なる人気取りに過ぎないと判断せざるをえません。決定したのは管直人総理ですが、総理大臣に進言した人間がいるはずです。上も下も救いがたいというのが今の内閣の実情です。(今に始まったことではありませんが・・・)

 私は基本的には、すべての原子炉は廃炉にすべきだと思っています。その理由は、核廃棄物を安全確実に処理する方法がまだ確立されていないからです。低レベル放射性廃棄物でも数百年、高レベル放射性廃棄物になると3万年という期間保管しておかなければなりません。その間毎年管理費用が発生することになるのですから、親の放蕩のツケを子孫に払わせるようなものです。ゆえに、今後放射性廃棄物を発生させないためにもすべての原発を廃止すべきだと思うのですが、後先考えずに廃止するというのは乱暴だとも思います。
 少なくとも、原発に依存せざるを得ない体質になっている地元経済をどうするのか? さらに、廃止したことによって生じる電力不足をどのようにして回避するのか? などの課題がクリアされないうちは、鉈を振るうような真似は避けた方がよいと思っています。

 このようなことを考えると、菅総理(とその側近の政治家)はあまり物事を深く考えない人なのではないか? という心配をしてしまいます。個人が無能で浅はかでおつむが不自由であっても、どうでも構わないのですが、無責任な決断によって本来為すべきこと(どんな地震や津波がやってきても冷却機能が停止することがないようにすること)がいつの間にか忘れられてしまうことの方が心配です。

 おつむの不自由な政治家に振り回されるのは御用マスコミだけで十分です。
by T_am | 2011-05-07 00:39 | その他